豊胸手術で理想のバストをゲットしよう|バストアップで悩みを解消

女性

シリコンバッグの挿入

胸元

特に効果の高い方法

乳房は、女性ホルモンが分泌されることで大きくなっていきます。分泌量には個人差があるため、分泌量の少なさから乳房が大きく膨らまず、コンプレックスを抱いている女性は多くいます。そういった女性から高い人気のある整形手術が、豊胸手術です。豊胸手術を受ければ、ほとんど膨らみがないという乳房でも、大きく膨らませることができるのです。豊胸手術は色々な方法でおこなわれていますが、その中でもシリコンバッグを挿入するという方法は、特に効果が高いため注目されています。最初に乳房に専用のバッグを入れて、その後でシリコンジェルをそこに注入するという方法です。入れるバッグの大きさと、注入するシリコンジェルの量次第で、乳房を3カップ分ほど大きくすることが可能となっています。

形状を保つシリコンジェル

また、昨今ではシリコンバッグの挿入による豊胸手術では、効果を持続させるための工夫が凝らされるようになっています。具体的には、形状を記憶するタイプのシリコンジェルが注入されているのです。従来は、乳房に大きな傷をつけずに済むように、液状のシリコンジェルが注入されていました。液状だと、小さく切開するだけで注入できるのです。ところが液状のシリコンジェルは、バッグが破れた時に、そこからあふれ出てしまいます。それにより乳房の形が崩れてしまうのですが、形状を記憶するシリコンジェルなら、その心配はありません。たとえバッグが破れても、形状が保たれるため、乳房も美しい形のままとなるのです。もちろん基本的には柔らかいので、圧力を加えることで、小さな切開口から入れることができます。